その時は睡眠薬を飲んで快眠

こちらは昨今26年で、女房をしています。

ハイスクール時代に痩身といった失恋などが機会で摂食バリヤになってしまいました。

はじめは、拒食症からはじまりウエイトが急激に落ちてしまい寝ることでさえ辛くなり、睡眠薬を飲んで快眠ひとときを盗るようなくらしが長らく続きました。

しばらくしてほんのり食べれるようになったところで、暴食症の障害がはじまりました。

その時は、拒食の時は生きていることに精いっぱいで感じなどもあまりありませんでしたが、暴食になってからは太って出向く個々、止まらない食欲に本気で暮らしが嫌になってしまいました。

でもクリニックなどに伺うモチベーションにはなれず、そのままの状況が続いたところで、良好食嘔吐が始まりました。

食べても吐くので太らないことから、暴食について精神的な気持ちは落ち着きましたが、身体が金切声をあげはじめました。
ジャンジャンやせ細って出向く身体、耐えてもアッという間に戻して仕舞うためこのままでは恐ろしいと思いミーティングに通い始めました。

そこですすめられたのは、ミーティングと共にうつ病の薬を服用して出向くことでした。

薬名は、セルトラリン(ジェイゾロフト)だ。飲み始めて一年中まぶた、飲んだ長時間後から暑くて暑くて汗が止まらなくなりました。

普段はむしろ寒がりで決して汗をかくこともないこちらが暑くて汗が止まらないんです。またこの日から、身体に蕁麻疹のようなものが薬を飲んだのちにできるようになりました。

かゆくてときどきすごい量のおできが体中に出来たり、日によって様々ではありますがこういう薬を飲んでからいも定期的にこういう謎のおできがちょいちょいできるようになりました。

アッという間にまたクリニックに戻って聞いたところ薬のボリュームが多いのかもから少々小量なものに切り落としましたが、でもかゆみなど汗が止まらず、そこから薬の副作用がこわくなり薬を服用するのを控えてしまいました。

今でも疾病は治っていないので、仮におすすめの薬があったら教えて望むのが胸中だ。

ルネスタのジェネリック薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です