遠路ロマンスをしています

80

旦那とぼくは友達の紹介で連絡を交換して、言葉のコミュニケーションをするようになりました。

相互分かるのは画像だけで、最初のぼくは一層友だちから紹介されたからコミュニケーションをするといった感じで、旦那もおんなじだろうと思っていました。

但し、コミュニケーションを通して出向くによって会ったこともないのに旦那の手厚い人柄が言葉から伝わってきて、気づけばコミュニケーションを通してからひと月経っていました。

こんなある日、いよいよ旦那からメニューも行かないかと誘われ、迷ったものの人気があったので出会うことになりました。

こういう決心は正解でした。

旦那は直接的会っても優しいままで、ついに会ったとは思えないほど対談が弾みました。

お店も迷ったものの、相互ラーメンが博士という話を通していたこともあってラーメンを食べました。

気取ったお店で緊張しながら食事するによって面白く過ごせました。

そしたら私たちは自然と遊びに行く度数が増えました。

遊びに行くなかで、旦那は歳上でよく人だと思っていたら、本当は坊やくさいイタズラをすることもあったりといった、旦那のことを知って出向くによってぼくはサクサク旦那のことが好きになりました。

ただし脈絡は相変わらず。

ぼくから告白するど根性もなく、旦那のやる気が気になりつつも言い出せないままでした。

あんなある日、改まった旦那から都内に赴任になるかもしれないと言われました。

ぼくは果てしなくショックで、同時に終わったなと感じました。

このまま離れたら、ただの仲の良かった友だちで終わってしまう。

いかんせんって年中悩んだものの、旦那は離れた場所に行ってしまうことに変わりはありません。

そうして赴任間近になり、一旦最後に遊ぶことになりました。

ぼくは赴任のことは忘れてその暇を楽しむことにしましたが、夜になるにつれて心から虚しくなってきました。

ご飯を食べた先も多々裏付けをつけて一緒にいました。

もう帰らないといったいけない時間になったシーン、旦那が手帳言及のように知り合ってからのことを喋り始めました。

それを懐かしみながら聞いていると、旦那が「博士だった」といったのです。

ぼくはびっくりして、なぜ昔ビジュアルなのかといった尋ねると赴任するからだと言われました。

遠路もいいと思っていたぼくはその旨を伝えました。

快くて有難くて、何を言ったのかしっかり覚えていません。

昨今、その旦那といった遠路ロマンスをしていますが意外と旦那って知り合えて良かったと思います。

おすすめはこちら!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です