夜は表参道から主人とともに帰宅

21 (2)

私も主人も都内に住んであり、今年のデートは東京でした。

一層、お昼前に吉祥寺ターミナルでランデブーをし、事前にネットで調べておいた有名なベーカリー氏に行きました。

すこしわかりにくいところにあるせいかお気に入り的客受けがあり、店内には沢山の人がとっくにレジに並んでいて、パンも製造が追い付かないような具合。

ラインナップも豊かとは言えませんでしたが、でもおいしそうなパンをいくつか買い、近くの井の頭公園でひなたぼっこをしつつ食べました。

心から快適ぐらい晴れた空でしたので、犬の散策をしている顧客や主人といった歩いている顧客を眺めて誠に夢見心地になりました。

そのあと、商店ストリートを散歩したりしつつ、夜は表参道に向かいました。

凄まじい総締めの顧客で驚きましたが、ようやく生で見たあの大きな通りのライトアップはライフ忘れられません。
オールが輝いて見えて、結び付けるツボもあたたかくて、前もって好物だったクリスマスが再び好物になるほどだ。

無論、人の多さゆえに立ち止まってしっかり眺めたりすることはしませんでしたが、長い通り道を歩いたり、通り掛けお店に入って配送したりといった意外と素敵な時間になりました。

夕食は家で取ることにしていたので、ライトアップもそこそこに主人とともに帰宅し、ささやかではありますが、クリスマスウェルカムパーティーをスタートしました。

事前に予約していたケンタッキーなんかはお店に受け取りに行くときに長蛇の列だったので、必ず良かったなと安心しつつ少々お酒を呑み、最後にクリスマスプレゼントを渡しました。

プレゼント選びにすごい悩んでいて、貰う崖っぷちまで正にこれでいいのだろうかと自問自答ばかりを繰り返していましたが、主人にプレゼントを渡したときの笑顔を見て、これでよかったんだなと宣言しました。

この日の為に様々な用意をするのに時間もかかりましたが、最高のクリスマスを過ごせて必ずや嬉しかったです。

アナルならこれ!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です